今、関心あるスニーカー

コストを掛けたら、そりゃあ良いモノがデキて然るべきだ。しかし、ナイキ靴でも、加水分解でパーになる靴が多い。特に、ナイキエアマックス97は全部ソレで壊れ、エアマックス系を買うのをやめて、買う時もズーム系に変えている。もちろん、そうしたナイキ靴を買う時も、5千円くらいまで下がらないと買わないのだが。

昔から、アシを使って、安いトコを探し、より安く早く入手し、上手く使うのは、大得意だった。当時の福岡市中央区、安い場所は限られてもいた。当時はアシックスのモントリオールやリンバーアップやミズノのMラインがメインだった。当時はミズノはランバードではなかった。

今、ボディーメーカーの最安値エアーのスニーカー、取り扱っている店を探し回り、一番安い値段で売ってる店を探し当てた。大阪で、このボディーメーカー1,100円がドン・キホーテ松原店で890円で売ってる時に3足買った。この靴、荒れた道には強くないが、柔らかく、歩いたり走ったりしやすい。久しぶりに、歩いたり走ったりしたいと思う靴だった。くすりの福太郎のモノは、定価通りだろう。

他に、ドン・キホーテとアクティブギアがコラボで厚底ナイキ以上の厚底を作った7,990円の靴を、ドン・キホーテのサービスクーポン3千円引きで買った。

**********************************

【え?】くすりの福太郎で売ってた「1100円のスニーカー」を試してみた / 累計100万足以上も売れてるらしいが…
11/15(月) 9:30 Yahoo! JAPAN

数ある大手ドラッグストアの1つ、くすりの福太郎。1957年に千葉県鎌ケ谷市にて「福化粧品」として産声をあげ、現在は「ツルハグループ」の完全子会社になっている……とWikipediaに書いてあった。いずれにせよ関東を中心に200店舗以上を展開する大手ドラッグストアである。

さて、つい先日のこと。私、P.K.サンジュンの自宅付近にある「くすりの福太郎」の前を通りかかったところ、ちょっとした違和感を覚えた。ん──? よく見ると福太郎にスニーカーが売っている……しかも1100円とはいったい?

・福太郎でスニーカー
今さら申し上げるまでもなく、ドラッグストアが取り扱う商品は非常に多い。薬や日用品は当然として、いまや食品が無いドラッグストアの方が稀であろう。生鮮食品がないだけで、事実上“ほぼスーパー”と言って差し支えあるまい。

 
だがしかし、スニーカーとはどういうことなのか? 100歩譲ってつっかけ程度のサンダルならばまだわかる。しかも福太郎にあったスニーカーは1100円……。いや、ドンキでももうちょっと高くない? どこからツッコめばいいというのか?

 
・100万足突破?
さらに言うとそこには「わずか2年10カ月で累計販売100万足突破」と記されているではないか。え……100万足ってヤバくない? 俺が知らない間に100万足も売れてるスニーカーがあったの? 全盛期のtrf並みにスニーカーが売れてるってこと?

 
これは気になる……そこで調べてみたところ、福太郎で売っていたスニーカーは「BODYMAKER」というメーカーのスニーカーで、商品名は「Air Cushion(エアクッション)」と言うらしい。

公式サイトには「格闘技から生まれたエアクッション。さまざまなトレーニングにも最適な機能性」「軽量で柔軟なエアリークッションソール」「アッパーはニット生地を採用し、軽量かつ通気性も抜群」……などと、それらしいことが書いてあった。

 
・とりあえず試してみた
それでも1100円という価格ゆえに怪しさは否めないが「100万足突破」は気にならざるを得ない。また逆に1100円なら失敗しても諦めのつく金額だ。というわけで「Air Cushion」を購入し、ガッチリ1日履き続けてみることにした。

で、まず重量だが「Air Cushion」と聞くといかにも軽そうに思えるが、意外とそうでもない。穴は開いているものの、ソールの素材は結構なゴツゴツ系で「うわ、軽い~☆」とまではいかない。一般的なスニーカーと同等、もしくはやや軽いくらいと覚えておこう。

 
次にスニーカーの上側、つまりアッパーの部分はニット製で非常に通気性が良い。雨の日などには向かないかもしれないが、特に暖かい時期には向いている作りと言えるハズ。こちらはなかなか良好だ。

 
で、全体的な履き心地としては「めっちゃイイ!」とまでは言わないが、ハッキリ言って悪くない。個人的には両足ともかかとの外側がやや高い点は気になったが、それでも1日履くくらいならどうってことはなかった。少なくとも1100円とは思えない性能である。

とはいえ、やはり自分にビシッと来るところまでは行かなかったので、普段使いというよりは「トレーニング」などの室内履きに向いているスニーカーなのかもしれない。1100円という価格を考えれば「超コスパスニーカー」と申し上げてもいいハズだ。

 
ご覧のように、くすりの福太郎で売っていた「1100円のスニーカー」は、使い方によってはかなり優秀だと判明した。普通に室内履き用のスニーカーが1100円なら最高でしょ。興味がある方はぜひ福太郎かBODYMAKERをチェックしてみて欲しい。

参照元くすりの福太郎、BODYMAKER「Air Cushion」、Wikipedia
執筆:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

▼動画もあったぞ!

**********************************