延長12回表、ヤクルト1点先行!オリックス1-2ヤクルト

オリックスは富山を起用、山本由⇒平野⇒能見⇒比嘉⇒富山のリレーは、右本格派⇒右技巧派⇒左技巧派⇒右変則⇒左本格派とタマ筋含めてメリハリあるリレーだ。

二死取ったところで、富山から吉田凌にリレー。塩見にはヒットを打たれて、二死一塁、代打川端。カウント2-2、山田と村上いるため、ココで勝負しかない。パスボールで塩見二塁へ。カウント3-2、川端は前進守備のレフト前に落として、ヤクルト1点先行。

石山準備していたが、マクガフがウォームアップに入った。

コレでマクガフが抑えればおしまい。

二死一塁、打者は山田。遊ゴロでチェンジ。

*******************************

オリックス vs. ヤクルト
スポーツナビ
Twitter
Facebook
LINE
 
 Full-Count
25年ぶりに神戸の地へと帰ってきた日本シリーズの第6戦。負けられない試合が続くオリックスは、山本がシリーズ2度目の先発マウンドに上がる予定となっている。悲願の日本一へ逆王手をかけるべく、この一戦でもチームに勝利をもたらす快投を期待したい。一方のヤクルトは一昨日の試合で敗れはしたものの、それまで元気がなかった山田と村上のアベックアーチが飛び出したことは明るい材料だ。相手エース攻略に欠かせない3・4番コンビが、今日は歓喜の瞬間へ導く一打を放てるか。(スポーツナビ)

*******************************