ソフトバンク、ニッサンよりダメそう!

本来、ニッサントヨタ、大きな差は固定費の差だった。クルマが売れている間は顕在化しなかったが、ニッサンが組合運動で揉めてる内にトヨタに抜かれ、売れなくなった。ニッサンの新人研修で、当時データをベースに5年後を予測するテーマあったが、皆、5年内通期赤字を予測した。思い付く対策は、誰も一緒だった。新卒学生が思い付くリストラを日本人役員の代わりで実施するC・ゴーンに年俸10億超払っていて、バカな会社になったモノだと、情けない限りだった。

ソフトバンク、輪をかけてヒドい。もう通信系の収入もアタマ打ち、社員をリストラで締め付け搾り上げ、変わらないのは役員や管理職のバカ高年俸とバカ高事業所か?もう、経済ヒトラー孫正義が侵攻する産業企業もなく、内部の不満をガス抜きするコトもできなくなっている。この副社長も、ココにいる旨味を感じなくなって、退職金で踏んだ食ったのだろう。捻出するために、グループ内社内には更なるリストラが降りかかるか?

そもそも、選挙で法の下の平等をウダウダ言うなら、こういう連中の高額報酬搾取を質すべきじゃないの?

*********************************

副社長の退職金「45億円」 ソフトバンクグループ
6/24(金) 22:37 Yahoo!ニュース
  663
マルセロ・クラウレ氏
 ソフトバンクグループ(SBG)の副社長を1月に退任したマルセロ・クラウレ氏の退職金が45億6700万円であることが24日、分かった。同社が開示した有価証券報告書で明らかになった。

【写真】高額報酬巡り対立か、1月に退任

 クラウレ氏はSBG傘下にあった米携帯電話大手スプリントの最高経営責任者(CEO)として経営を立て直し、SBGの孫正義会長兼社長の後継者候補と目されたこともある。

*********************************