コレが日本芸能事務所バカ管理の行く末?

武田久美子、14歳で近藤真彦の相手役として、たのきん映画「ハイティーンブギ」桃子役に選ばれた彼女を見て、今が想像デキたか?

中高生の年代、本来はその後を生きるために様々なコトを学び身に付ける必要があった。身に付けるコトなく、貝殻写真集出し、スッポンポン写真集出して消えた。芸能事務所って、武田久美子や御両親に対し、責任果たしたと言えるのか?

主要5教科だけでなく、芸術や体育/保健体育らも。今のバカな政治家や官僚やマスコミ連中も、コロナ騒動で疫病学者達の言いなりになるくらい無素養だった。

本来、芸能事務所はその年代に於ける教育に於いても責任があると思う。しかし、大抵の芸能事務所、仕事がない時間、この年代の若い女性タレントを枕営業に使った。殆ど、女衒だ。似た時期に、岡田有希子の事件も起きた。(峰岸徹スケープゴートだ。)武田久美子の場合も同様。彼女が身に付けたコトは、ベッドトーク用の英語とセックスと避妊だけではなかったのか?

武田久美子に限らず、今の深キョン石原さとみやこじるりや剛力彩芽や広瀬姉妹や浜辺美波らについても、芸能事務所はキチンと教育し管理してたと言えるか?

*******************************

53歳・武田久美子の美しい姿にファンうっとり…「美形半端ない」「地球一の美女」と絶賛
7/17(日) 13:45 Yahoo!ニュース
  56
武田久美子のインスタグラム(@kumikotakedaofficial)より
 タレントの武田久美子が17日までに自身のインスタグラムを更新し、自身がプロデュースするインナーを紹介した。

【写真】美形半端ない&色気…

 花柄のレースがオシャレなデザインで「フロント部分にベルト調整が付いているので、お洋服やシーンに合わせて自分で自在に調整できます!」と実用性もPR。「自信作です!」という商品を手に持ち、笑顔を見せた。

 53歳になっても美しい姿に、ファンは「美形半端ない」「地球一の美女」「お年を増すことに綺麗で美ボディーになっていますね」と絶賛。また続く投稿では、表参道のイタリアンを訪れたことを報告し「美味しいパスタを堪能しました」と優雅に食事を楽しむ姿をアップした。

 武田は99年に米国人男性と結婚し、カリフォルニア州サンディエゴに移住。02年12月に長女を出産したが、16年に離婚し、今もサンディエゴを生活拠点としている。
報知新聞社

*******************************