自転車の変速機の使い方、クルマとは違う!

記事のタイトルから、もう少し変速ギヤの段数種類やギヤチェンジタイミングなどについて触れてくれるのかと思ったが、かなり期待ハズレ!

外装と内装?ロードやクロスやMTBらの外装ギヤと、ママチャリ系内装ギヤの違いに触れただけ?あまりに御粗末!

外装内装に限らず、ギヤチェンジをどう扱うべきか、ヒトが動かすため、なるべくカラダにかける負担を少なく、速く走るための記述が欲しいのだ。

もちろん、本屋でソレらしい本や雑誌を読めば良い。実際、読むコトもあるし、自分で走って試すコトもある。そちらの方が正しいし実践的だ。ソレに勝てない御粗末記述なら、各分野ネット記事要らないじゃん!

基本、クルマなら、パワー志向とトルク志向とで分かれる。パワー志向は、目一杯回し切ってシフトアップ、スピードは出る、しかし、エンジンの負担は強い。トルク志向は、中回転域で軽く回転が乗る状態でシフトアップ、踏力を使いやすい。自転車だと、エンジンが人間に置き換わる。エンジンなら容量超すと壊れるが、ヒトはそういうワケには行かない。トルク志向でシフトアップする方が良いのだろう。

*********************************

自転車のギアを上手に使って快適走行! 知っておきたい変速機の種類と特徴
2022/09/16 15:00 バイクのニュース 8

1/6
Next
すべてみる
全6枚
自転車で走っていると、平坦な道から急な坂道まで、さまざまなシーンがあります。場合によっては進むのが困難な状況もあるかもしれません。そんなときに活躍してくれるのが変速機です。

自転車は、ペダルと連動した前ギア(歯車)の回転を、チェーンを使って後輪のギアに伝えることで進みます。前後のギアの大きさが変わると自転車の進み方は大きく変わります。

外装8段変速仕様のミニベロE-BIKE! サイクルベースあさひルイガノ「EASEL-E」の取り扱いを開始

例えば、前のギアが大きく、後ろのギアが小さい場合、ペダル1回転に対して後輪の回転数は多くなるので、よりスピードが出るようになります。ただ、その分ペダルを踏むときの負荷が大きくなるので、ペダルを重く感じるようになります。

逆に、前が小さくて後ろが大きい場合は、ペダル1回転に対して後輪の回転数は少なくなるので、スピードが出ません。そのかわり、ペダルが軽くなるので坂道などでは楽に走ることができます。

複数のギアを装備した変速機付きの自転車なら、前後のギアの組み合わせを変化させることで、自分の体力や上り坂、向かい風などの状況に合わせてより快適に走ることができます。

そんな変速機には、大きく分けて「外装変速機」と「内装変速機」の2つ種類があり、それぞれに一長一短があります。

まず「外装変速機」は、後輪の外側にギアが複数枚重なった状態で取り付けられているタイプです。変速段数が多くて軽量なので、スピードが必要なロードバイクなどの競技用自転車や、クロスバイクなどの長距離を移動する自転車で使われています。構造が単純なので壊れてしまった場合の交換も容易で、マウンテンバイクなどのハードな使い方をする自転車でも使われています。ただ、ギアが外部に露出しているので雨やほこりの影響を受けやすく、頻繁にメンテナンスが必要となります。

一方の「内装変速機」は、後輪の車軸の中に変速ギアが内蔵されているタイプです。外から見るとギアは1枚だけですが、その内部のギアが複雑に噛み合うことで後輪の回転数が変化します。ギアが密封されているため外部の影響を受けにくく、ほぼメンテナンスなしで乗り続けることができるのが最大のメリットと言えます。

そこまでのギアの切り替えが必要でなく、街中などで乗ることを想定したシティサイクル(ママチャリ)に最適です。ただし、外装タイプと比べるとかなりの重量になり、故障した場合は修理が困難だというデメリットもあります。

両者それぞれに強みと弱みがあるので、自分の使い方に適した変速機を選ぶと良いでしょう。

ちなみに、「外装変速機」と「内装変速機」は操作方法に大きな違いがあります。

「外装変速機」は、ペダルを回転させながら操作しないとギアが変わりませんが、「内装変速機」はその逆で、ペダルが回転していない状態、信号待ちや惰性走行中など、漕いでいないときに操作可能です。「外装変速機」にように漕ぎながら変速すると故障や作動不良につながる恐れがありますので、この点は注意が必要です。

*********************************