阪神と関西マスコミの甘やかしが、選手を狂わす。

阪神での最後の3年くらいの状況、忘れた?

マスコミも日本人も、今はいい思い出なの?

何だか、おめでたくない?

バースやマートン、成績残したら毎度、阪神との交渉後回しにして、メジャーと交渉してたじゃん!

それぞれ守備は緩慢だったし、審判への態度の横柄さも一緒、バースはそれほどでもなかったが、マートンは後輩外人特にメッセンジャーらへの悪影響は計り知れなかった。

バースは息子の件で再来日しなかったし、マートンはメジャーの移籍先がデキたんじゃなかった?

それぞれ、円満解消ではなかったョ!

外人だけではない。

新庄や亀山や川尻らは、出始めたが、それぞれにもっと改善するポイントがあった。自分を見詰め、周囲や他チームやメジャーを見据え、改善するポイントを自覚し努力する必要があった。しかし、活躍すると阪神のバカなフロントや甘やかし系コーチ陣や関西のマスコミに祭り上げられ、増長して、それぞれおかしなコトを始めた。

 

 

 

 

 

外人でバースやマートン、日本人で新庄や亀山や川尻ら、阪神球団や関西のマスコミが甘やかし、完全に取扱をしくじった。

****************************

阪神日本食を愛したマートン。“神様”バースを超えた“平成の安打製造機”/平成助っ人賛歌【プロ野球死亡遊戯
7/28(水) 11:01 Yahoo!ニュース
 7

1年目にイチロー超えの快挙
 
阪神マートン
「ボクは、東京の六本木などにある、辛くて美味しい四川料理店を呉さんに紹介したいね。遅くまでやっているし、ものすごく辛いんだよね」

【選手データ】マット・マートン プロフィール・通算成績

 2015年発売『阪神タイガース80年史 Extra外国人列伝』(ベースボール・マガジン社)内で、メッセンジャーは「日本でナイトゲームの試合が終わったあとにご飯を食べにいこうと思ったら、飲食店がほぼ終わっていることに驚いた」と嘆く同僚クローザーに行きつけの四川料理店をすすめた。

“石直球”で知られた呉昇桓は、14年から2シーズン、阪神タイガースに在籍。メジャー・リーグでプレー後、韓国球界に復帰して今季は古巣のサムスンでリーグトップの27セーブを挙げている。先日は39歳にして東京五輪の野球韓国代表に追加招集されたことも話題に。14年の阪神助っ人陣は、この呉昇桓が最多セーブメッセンジャー最多勝最多奪三振、ゴメスが打点王、さらにマートン首位打者を獲得。プロ野球史上初めて同一球団から4人の外国人タイトルホルダーを輩出して、史上最強カルテットとも称された。

 意外なのは“平成の安打製造機マートンが、自身初にしてキャリア唯一の首位打者だった事実だ。10年に28歳の若さで来日。初めて関西国際空港に降り立った日、いきなり関西弁で自己紹介をして周囲を驚かせる。カブス時代の06年には打率.297、13本塁打の実績を誇りながら、異国の地でコーチと居残り特打に取り組む熱心さで、阪神でも1年目から打ちまくる。強振することなくライナーで左右に打ち分けハイペースで安打を積み重ねると、141試合目の10月3日広島戦、自身29歳の誕生日に94年のイチローが持つ年間210安打(130試合制)に並んだのだ。

 
来日1年目に当時のプロ野球記録となるシーズン214安打を達成
 趣味は家族と過ごすことと教会へ行くことというジョージア工科大出身の真面目な男は、日本人投手の攻めを細かくメモにとり研究。米スポーツ専門局ESPNの取材には「NPBはメジャーとマイナー最上位3Aの中間の“4A”」なんて冷静に分析するクレバーさを持っていた。10年の阪神はリーグ優勝の中日とわずか1ゲーム差の2位に泣いたが、背番号9は最終的に214安打のプロ野球記録(当時)を樹立。セ・リーグタイ記録のシーズン24度の猛打賞に加え、17本塁打、91打点、そして打率.349は来日1年目の外国人選手としては歴代最高記録だった。

 当時の虎の外野事情は、09年オフに赤星憲広が故障から33歳の若さで現役引退、金本知憲の連続フルイニング出場記録も10年4月18日に途絶えた。そのチームの転換期に中心選手として君臨したのが背番号9の助っ人である。2020年代阪神の外野は佐藤輝明が中心になって引っ張っていくだろうが、2010年代はマット・マートンの時代だった。2年目の11年は長打を追い求め左足を大きく上げる打撃フォーム改造にチャレンジ。低反発球導入もあり4月は打率1割台に低迷したが、終盤には球団記録の30試合連続安打を放ち、180安打で2年連続の最多安打ベストナインを獲得。年俸は毎年1億円ずつ昇給するスピード出世で3億円に到達した。

食を制すものは日本野球を制す
 マートンはとにかく日本の食事が口に合った。吉野家の牛丼と醤油ラーメンが大好物で、のちにサンケイスポーツの独占インタビューでは、「振り返れば、食べ物のストレスはなかった。それは大きかった。ブラゼルも牛丼が大好きだったし、メッセンジャーもラーメンと焼き肉が大好きだった。逆に、これはダメ、あれはダメ、これしか食べられない、という選手は、日本では成功しないかもしれない。逆に、こっち(米国)に戻ってきて大変だよ(笑)」とほとんどマクドナルドしか食べなかった偏食剛腕マーク・クルーンとは対照的な、“食を制するものは日本野球を制す”持論を展開。メッセの著書『ランディ・メッセンジャー~すべてはタイガースのために』(洋泉社)では、マートンとのこんなグルメエピソードが紹介されている。

 同じ年に阪神へ来たふたりは10年キャンプ初日、宿舎で朝食のオムレツとベーコンを口にした瞬間、唖然とする。アメリカではしっかりと熱を通すのが常識のオムレツは半熟で、ベーコンもカリカリではなくハムのようにしなっていた。「メッセ、これはいったい……」「言いたいことは分かるぞ、マートン」なんつって思わず顔を見合わせる助っ人コンビ。彼らは日本式にトライしてみる一方で、アメリカ人が好むオムレツとベーコンの調理法を控え目にやんわりとしたトーンでチームスタッフに伝え続けた。すると、ともに主力として定着した数年後、念願かなってホテルのバイキングに固いオムレツとカリカリベーコンが並ぶようになったという。ついにやったぞと手を取り合い喜ぶ男たち。野球だけでなく、チーム内の食をめぐる攻防戦にも勝ってみせたのだ。

 
「ノウミサン、キライ騒動」もあったが、もちろんそれは本心ではなかった(右が能見)
 愛娘も日本の病院で生まれ順風満帆の生活だったが、3年目の12年シーズンに壁にぶつかる。あまりに有名な「ノウミサン、キライ騒動」である。往年の人気テレビドラマ『愛という名のもとに』でのルビー・モレノの名言「クラタサン、イイ人ネ」とは真逆のベクトルで放つひと言。6月9日のオリックス戦(甲子園)、4回二死二塁の場面でライト前に打球が飛ぶと、右翼のマートンは緩慢な動きでランナーの生還を許してしまう。背番号9は試合後にそのプレーについて報道陣からしつこく聞かれ、不貞腐れながら「アイ ドント ライク ノウミサン。ニルイ、ドウゾ」と発言してしまう。試合後の緊急ミーティングでナインに謝ったのに、またその質問か……といういら立ちから来る暴言に、翌日のデイリースポーツには「マートン、プッツンご乱心!」の見出しが躍った。とは言ってももちろん本心ではなく、騒ぎが大きくなってしまいマートンは能見本人にひたすら謝ったという。

14年に首位打者獲得で日本シリーズ進出の原動力に
 8月17日のヤクルト戦でも守備のミスで交代を命じられ、試合後に関川浩一コーチと一触即発の激しい口論となり、クラブハウスに居残ってブラゼルと通訳も交え話し合いを行った。同年の『週刊ベースボール』統一球特集インタビューで、「ボクは日本に来て飛距離が落ちた。でもこれはボールだけじゃなく風の影響もあると思う。日本の球場は風が強い。メジャーの球場より海抜が低いし、外壁も高くないから、風の影響を受けやすいのかなと思ってるよ」なんて悩みを吐露。結局、12年は打率.260にわずか5本塁打と極度の打撃不振に陥り、その影響から度々トラブルを起こしてしまうが、ペナント終了後には首脳陣と面談をして、翌シーズンの逆襲を誓った。すると13年には打率.314、19本塁打、85打点、178安打と復調して自身3度目の最多安打を獲得。オマリー打撃コーチ補佐が就任した14年には打率.338で初の首位打者に輝き、阪神2位の原動力となると、クライマックスシリーズではリーグV3の原巨人を4連勝で下し日本シリーズ進出を決めた。

 
危険なタックルはたびたび問題視された
 時にホーム突入時の捕手を負傷退場に追い込む危険なタックルが問題視(度重なるラフプレーにヤクルト真中満監督が激怒)されることもあったが、そのバットコントロールは球界屈指。週べ最強助っ人特集号の選手アンケートでは、ヤクルトの上田剛史マートンに投票し、「広角に打てるし、スキがない。どんな球でもとらえるイメージがあり、守っていて不思議な感覚になる」と絶賛している。背番号9は15年にも150安打を放つも、第1号アーチはチーム65試合目でパワー不足と4億円を超える高年俸がネックとなり、11月11日に自身の公式ホームページで阪神から来季の契約を結ばない旨を伝えられたと公表。阪神退団後は、34歳でのメジャー復帰を目指すが、夢かなわず18年1月に現役引退を表明した。

 6年間を日本で過ごし、シーズン平均170安打という驚異的な安定度を誇った平成を代表するヒットメーカー。なお、マートンNPB通算1020安打は、あの神様バースの743安打を大きく塗り替え、球団の外国人最多安打記録である。

文=プロ野球死亡遊戯中溝康隆) 写真=BBM
週刊ベースボール

****************************

この2人、離婚する必要あった?

今の世の中、不倫離婚はあるけど、この2人、離婚する必要あった?

フツ~、ヤったろう不倫だろうとわかるから、ネタになる。

しかし、有村は口説いたけど成功(性交)してない。いっぱい口説いたらしいけど成功(性交)してない、ヤってないから、不倫成立してないョ!

それなのに、マスコミ挙げてギャ~スカ騒いで不倫同然に騒ぎ立てた。

何か、おかしくない?

実際、離婚を決断するのは丸岡だが、丸岡に離婚したい要因あるか?嘗て、奇跡のアラフォーも、もはやアラフィフ、今更テレビにも出れないだろ?

むしろ、笑い飛ばして有村の今後の笑いネタにしてやるべきではなかったの?

広末涼子佐藤健とヤりまくったの、撮られたし、宮崎と金子元議員夫婦は妻の出産時に不倫あってヤられたオンナのリークで発覚した。斉藤由貴も医者と不倫してた。

コレらは不倫完遂したのに、離婚してない。

マスコミも突くポイント間違ってない?

***************************

有村昆と丸岡いずみ 協議離婚成立「別々の道を歩むこととなりました」
7/29(木) 14:08 Yahoo!ニュース
 1918
  
有村昆(右)と丸岡いずみ
 映画コメンテーター・有村昆(45)とフリーキャスター・丸岡いずみ(49)の協議離婚が成立したことが分かった。29日、所属事務所を通じて発表した。この日、都内の区役所に離婚届を提出した。

【写真】やっぱり綺麗…“奇跡の38歳”と言われた11年前の丸岡いずみ

 2人は連名でコメントを発表。「この度、有村昆と丸岡いずみは、協議離婚したことをここにご報告させて頂きます」と報告し、「互いの生き方を見つめ直すために別々の道を歩むこととなりました」と説明。「私たち二人にとって子供はかけがえのない宝ですので、今後とも協力して子育てにあたっていく所存です」としている。

 2人は13年8月に結婚。18年には代理母による出産で第1子をもうけている。同年の「ベストカップルアワード」を受賞するなど、夫婦仲の良さは世間にも知られていた。13年の結婚披露宴の際に有村は「人生という名の2人だけの映画を作っていきたいです」と語っていたほど。

 有村は今年5月、一部週刊誌で美女とのホテル密会が報じられ、活動を自粛。レギュラー番組などを降板した。それまでおしどり夫婦として知られて、夫婦での仕事も多かったため、丸岡も大きなダメージを受けていた。

 コメント全文は以下の通り。

応援してくださっている皆様、並びに関係者の皆様へ

この度、有村昆と丸岡いずみは、協議離婚したことをここにご報告させて頂きます。

二人で話し合いを重ねた結果、お互いの生き方を見つめ直すために別々の道を歩むこととなりました。私たち二人にとって子供はかけがえのない宝ですので、今後とも協力して子育てにあたっていく所存です。

私的な事で、多くの方々にご心配をおかけしてしまいましたが、何卒ご理解頂き、今後とも温かく見守って頂けましたら幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

2021年7月29日

有村昆

丸岡いずみ

***************************

オートバイ世界GP、それぞれのメーカーがらしくあった時代

85年~90年代オートバイ世界GP、それぞれの年に味があった。それは、ライダーもメーカーもそれぞれの味を存分に発揮していた時期だったと思う。パワーのホンダ、ハンドリングのヤマハ、機転のスズキという感じだ。

日本人ライダーがスポットからフル参戦し始め、500は鈴鹿阿部典史が有名だが、250は80年代から平忠彦や小林大らが優勝していた。500はホンダのF・スペンサーとW・ガードナーの間に、E・ローソンがヤマハとホンダで獲り、以後はK・ロバーツの配下でW・レイニーがロバーツ以来のV3を達成した。93年もリードしていたが、V4目前のミサノで半身不随の事故に遭い、スズキのK・シュワンツにタイトルを獲られた。同年、原田哲也岡田忠之青木宣篤が、ヤマハとホンダから250にフルエントリーした。その時期はヤマハロバーツとケンカ別れしたコシンスキーがスズキから250にエントリーして、本命視されていた。原田が2戦、最終ラップでコシンスキーを抜き、原田はランキングトップを走り、コシンスキーはスズキを去った。原田はハンドリングは優れるがパワーに劣るヤマハで、シーズン終盤ホンダのカピロッシに抜かれた。しかし、最終戦で抜き返し、チャンピオンを獲得した。その後は、アプリリアが250で台頭し、M・ビアッジやV・ロッシをチャンピオンにした。原田哲也アプリリアに移籍したが、カピロッシの妨害と裁定により2度目のタイトルはならなかった。

94年からはM・ドゥーハンのホンダが連覇、事故負傷で引退するとA・クリビーレが引き継いだ。その翌年、スズキに移籍したK・ロバーツジュニアが獲った。レギュレーション変更により500最終年は、V・ロッシが飾った。

そんな中、オートバイメーカーは相次いで2サイクル250ccの販売をやめ、オートバイ世界GPも4サイクル大排気量のレースに様相を変えた。

2サイクル250cc、車検もなく、4サイクル400cc近いトルクを持つ効率高いオートバイだった。ワタシは、NSR250ばかりを20年乗り継いだ。用事・仕事場の下見・休日出勤・走りにと、常に一緒だった。

原田哲也くらいのヒトが、2サイクル250ccの復活を叫んでくれないかな?

*************************

世界GP王者・原田哲也のバイクトーク Vol.61「YZR250 ジョン・コシンスキー号の衝撃」
2021/07/29 10:00 WEBヤングマシン6

1/6
Next
すべてみる
全6枚
岡田忠之さんに勝てなかった日々が世界で生きた

1993年、デビューイヤーにいきなり世界GP250チャンピオンを獲得した原田哲也さん。虎視眈々とチャンスを狙い、ここぞという時に勝負を仕掛ける鋭い走りから「クールデビル」と呼ばれ、たびたび上位争いを繰り広げた。’02年に現役を引退し、今はツーリングやオフロードラン、ホビーレースなど幅広くバイクを楽しんでいる。そんな原田さんのWEBヤングマシン連載は、バイクやレースに関するあれこれを大いに語るWEBコラム。第61回は、全日本ロードレースでチャンピオンを獲った経験など。

連載:世界GP王者・原田哲也のバイクトーク【独占Webコラム】

10回目のチャンピオンを獲得した中須賀克行くん

MotoGPはタイGPの中止が発表されましたね。とても残念ですが、世界的にもまだ新型コロナウイルスが猛威を振るっている状況なので、仕方ないのかな、と思います。マレーシアGPはまだどうにか開催の可能性を探っているようです。今年はペトロナスヤマハSRTに所属しているバレンティーノ・ロッシですが、同チームはマレーシアが基盤。どうにかチームの母国で「最後の雄姿を見せたい」、という思いもあるのでしょう。

ただ、ここモナコでも再び新型コロナウイルスの感染が広がっていて、また外出時にはマスク着用が義務付けられてしまいました。普段通りの生活を送ることはできていますが、やはり今まで以上に気を使うところはあります。コロナ禍もこんなに長引くとは……。いろいろな意味で大変な思いをされている方も多いと思いますが、頑張って乗り切りましょう!

そんな中、二輪モータースポーツ界の明るいニュースといえば、全日本ロードの最高峰・JSB1000クラスで中須賀克行くんが第5戦鈴鹿で通算60勝目を挙げ、なんと10回目のチャンピオンを獲得しました。本当にすごいことです。僕なんか全日本では1回しかチャンピオンを獲っていませんからね(笑)。この偉業は彼の頑張りの賜物だと思います。本当にスゴイ!

―― ハンドリングで勝負できるマシンに仕上がっているYZF-R1と、それを手足のように操る中須賀克行選手。 [写真タップで拡大]

YZF-R1も非常によく曲がっているように見えました。ホンダCBR1000RR-Rが圧倒的なエンジンパワーでストレートスピードを武器にしていたのに対して、R1は明らかにハンドリングで勝負するマシンになっています。中須賀くんはその特性をうまく使いこなしながら、彼自身のライディングにもさらに磨きをかけていますね。スプーンカーブなどではライン取りがコンパクトで、タイヤにも負担がかかっていません。トラクションのかかり方も抜群で、特に低速シケインからの脱出が速いのは、電子制御を含めたマシンセットアップと、ライダーのテクニックがピタッと合わさってのことだと思います。

39歳の中須賀くんを始め、47歳の加賀山就臣くん、38歳の清成龍一くんらが今も上位につけています。ST600で優勝した小山知良くんも38歳。年齢をとやかく言うつもりはありませんが、ベテラン勢、頑張ってますね(笑)。若手も、JSB1000では25歳の亀井雄大くんや24歳の名越哲平くん、ST600では19歳の荒川晃大くんや20歳の埜口遙希くんらが台頭してきて頼もしい限りです。

ライダーは育てる? 育つ?

それにしても、こうして今の全日本で目立っているライダーの名前を挙げると、期せずしてSP忠男レーシングチームの出身者が多いですね。実は僕もそうですが(笑)。哲平くんや埜口くんは、(やはりSP忠男出身の)中野真矢くんの56レーシングから羽ばたいたライダーでもあります。坂田和人くんもMFJロードレースアカデミーの校長を務めていますよね。ライダーを育成するっていうのもすごく素晴らしいことだと尊敬しています。

皆さんそれぞれの考え方で育成に取り組んでいると思いますが、一方で、僕の中には「放っておいても、出てくるヤツは出てくるだろう」という思いもあります。今はロードレースで真剣に上をめざす子が少ないから、ひとりひとりを大切に育てるのは本当に価値のある重要なことです。でも、まわりがあまりいろいろやってあげすぎると過保護になってしまい、世界で通用するライダーにまでは至らない、なんていうこともあり得ます。自分の力でなんとかする、という経験も非常に大事なんですよね。道筋作りと放置のバランスは、すごく難しいところだと思います。

―― [左]全日本ロードレース第5戦 第53回 MFJグランプリ スーパーバイクレース in 鈴鹿 JSB1000のレース1で2位、レース2では4位に入った名越哲平選手。[右]同グランプリ ST600で3位入賞した埜口遥希選手。ともにSP忠男レーシングチームのDNAを受け継ぐ“目玉ヘルメット”を被る。JSB1000チャンピオンの中須賀克行選手も同じく目玉ヘルメットだ。 [写真タップで拡大]

僕の経験で言えば、全日本ジュニアからヤマハファクトリー入りできたのは、間違いなくSP忠男の鈴木忠男社長のおかげだったと思います。自分自身としてもジュニアで全戦全勝してチャンピオンを獲ったり最大限の努力はしましたが、ファクトリー入りにあたっては社長が道筋をつけてくれたから、という面は大きかったはずです。でも、ファクトリー入りしてからは放置(笑)。それが社長のスタイルなのでしょう。

だからいざファクトリー入りしたら、自力でベテランのライバルたちを乗り越えていかなければなりませんでした。もちろんヤマハには偉大な先輩たちがいたし、アドバイスをもらうこともありましたが、基本的には「プロなんだから自分でどうにかしろ」という世界です。来年の契約もどうなるか分からないという緊張感の中、ひたすら結果を出さなければなりませんでした。

そして当時の僕の目の上には、岡田忠之さんというたんこぶがいました(笑)。僕が全日本250にステップアップしたのは’89年でしたが、その年から岡田さんは3年連続で全日本チャンピオンを獲得します。ということは、僕は3年連続で岡田さんに負け続けた(笑)。岡田さんをなかなか越えられず、本当に苦労させられたんです。

どうにか岡田さんを倒すために徹底的に研究しました。自分でも「生意気な若造だったな」と思いますが、自分が理想とする走りができるように「こういうマシンが欲しい」としっかり主張して、開発をイチから見直してもらいました。そしてついに岡田さんに勝ってタイトルを獲れたのは、4年目の’92年。大変だったんですよ(笑)。でも、こういう苦労が世界に出た時に大いに役立ちました。

少し余談になりますが、全日本250で僕が走らせていた’90TZ250は、かなり極端にリヤ下がりの姿勢でした。TZの開発をしていた難波恭司さんや、SP忠男の先輩にあたる塩森俊修さんには「哲也のマシンに乗ると空しか見えない」なんてからかわれたものです(笑)。でも、どんなに言われても変えませんでした。というのも、当時の僕はリヤが高いとブレーキングが怖くて突っ込めなかったんです。フロントが高いと基本的には曲がりにくくなるので、ブレーキをコーナーの奥まで引きずったり、引きずり量をかなり繊細にコントロールしたりと、なかなか大変でした。「変だよ~」と言われても、「まぁでもこれで速く走れてるんだからいいでしょ」と(笑)。

’91年はTZM250になりましたが、まだリヤが低くて曲がるには操作が必要な仕様でした。僕が要求していたから当然です(笑)。でも確か’91シーズンも終盤に差しかかった頃、ジョン・コシンスキーが’90年に世界チャンピオンを獲得した時のYZR250に乗らせてもらう機会があって、これが大きな転機になりました。ジョンのYZR250はリヤが上がっていて、本来なら怖くて乗れないはずなのに、とても乗りやすかったんです。内部構造から見直されていたオーリンズ製サスペンションとの相乗効果で、ブレーキングは不安なく突っ込めて、しかも勝手に曲がってくれるという仕上がりでした。

簡単に言えば、僕のTZMよりもピッチングモーション(加減速などによるマシンの前後の動き)がしっかり発生していて、それがブレーキング時の安心感や旋回性の高さにつながっていました。ヤマハのテストコースでも、僕仕様のTZMではアクセルを戻してブレーキをかける必要があったコーナーを、ジョン仕様のYZR250はアクセル全開のままヒザを擦って曲がっていけたんです(笑)。

さっそくTZMのサスペンションも内部からチューニングしてもらい、車体セッティングも変えました。僕自身にも、新しいことにトライする柔軟性があったんだと思います。それがTZMでは2年目の’92年。そう、僕が岡田さんに勝ってタイトルを獲った年です。ジョンのYZR250に乗っていなければ全日本でチャンピオンは獲れず、世界にも行けず、世界チャンピオンにもなっていなかったかもしれません。ライダーのテクニックとメンタル、そしてマシン。すべてが揃わなければ、結果には結びつかない。これがモータースポーツの奥深さですね。

※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

*************************

広島の背番号1

広島の背番号1、印象深い選手は多い。

古葉サンの現役時代は知らなかったが、初優勝の時の背番号1たる大下は三村との1・2番で印象ある。

山崎は高橋慶との1・2番で、その後のカープの核弾頭だった。でも、意外と短かった気がする。背番号2の高橋慶の方が、松田オーナーと揉めて出されたし。

問題はその後、前田・・・カレは背番号1になってから、故障頻発したのではなかった?同時ではないにしても、左右アキレス腱断裂は身の毛もよだつ。そんな状況だった前田が、その割に重鎮的位置付にあったコトは、あの当時のカープの育つと出て行く人材難や定着難の元ではなかった?野村と前田のコトで、江藤以降金本や新井や黒田の流出が止まらなかったのでは?前田がいなくなったから、カープに新井と黒田が戻って来たのでは?

広島とヤクルトは、背番号1をリーダー的位置付の選手に継承させる感じだ。

鈴木に背番号1は個人的に悪いとは思わないが、前田の印象で広島の背番号1が巨人のインケツ背番号2や15みたいにならないか、少し不安。もちろん、カレの活躍がそのイメージを塗りツブしてくれるかも知れないが。

*****************************

孤高の天才打者から侍ジャパンの主砲まで。カープの“準永久欠番”とも呼ばれた番号の歴史
7/28(水) 11:01 Yahoo!ニュース
 1
 
1994年~2013年まで20年間、背番号「1」をつけた前田智徳氏。
 背番号は時に選手の代名詞として語られるなど、アスリートにとって大きな意味を持つことも少なくない。ここではカープの選手に特化し、時代を彩った名選手の足跡を背番号と共に振り返る。

【写真】入団会見に挑む、初々しい森下暢仁

 1950年の球団創設時、やはり背番号「1」は重要な番号だった。この番号は巨人で活躍し、地元での新球団創設を聞いて駆けつけた白石勝巳(移籍にあたって登録名を本名の「敏男」から「勝巳」に変更)に与えられた。当時の広島では唯一のスター選手と言われた白石は、期待通りの活躍でチームを引っ張り、1953年のシーズン途中からは監督を兼任。これを機に背番号「1」を譲り、自らは「30」を着けた。

カープを初の日本一に導いた古葉竹識

 1959年から4人目として「1」を着けたのが、「29」から変更した古葉毅だ。この表記よりも、1964年から改名した「古葉竹識」のほうが多くのファンに馴染み深いだろう。そう、後に監督に就任し、カープを初のリーグ制覇と日本一に導いた、“あの古葉”である。実業団でもプレーし、前述の白石が監督を務めていた1958年に入団した古葉は、初年から88試合に出場。翌年から「1」を着けた。

 尻上がりに成績を上げていった古葉は、1963年に長嶋茂雄首位打者争いを繰り広げたが、死球で大ケガを負い戦線離脱。この年はベストナインを獲得したが、この負傷が後の選手生活にも変化をもたらした。以後、盗塁王を2回獲得するなど走攻守に活躍し、1969年限りで南海に移籍。

 その後、1975年シーズン途中にカープの監督に就任し、初年からリーグ制覇、そして1979年には初の日本一。翌1980年と1984年にも日本一となり、カープ黄金時代を築き上げた。

 1975年には日本ハムから移籍してきた大下剛史が、1967年のデビュー以来着けてきた「1」をそのまま使用。プロ9年目のカープ初年は盗塁王を獲得する活躍を見せ、1978年まで4シーズンをプレーして現役生活に幕を下ろした。

◆超高校級と評され入団した山崎隆造

 その後、投手の大久保美智男を挟んで1983年、「23」から変更して「1」を背負ったのが山崎隆造。山崎は地元・広島の崇徳高で甲子園に2度出場し、1997年にカープからドラフト1位指名を受けた。古葉監督の指導でスイッチヒッターに転向し、徐々に成績を上げていくと、「1」に変更した1983年には初めて出場試合数が100を超え、打率も3割を超えた。

 翌1984年以降は6年連続でフル出場。以後ベストナインを3回、ゴールデングラブ賞を4回受賞する活躍で野手を牽引した。90年代は三塁手としても出場し、1991年のベストナイン三塁手として受賞。1993年限りで現役を引退するまで「1」を着け、以後は2011年までコーチや二軍監督などを歴任した。

◆孤高の天才・前田智徳

 山崎の後を継いだのが、「31」から変更した前田智徳だ。「1」以前の前田についてはこちら「31」・「51」を参照されたい。ここでも述べているように

 1992、1993年の2年間で飛躍した前田は、球団から背番号「1」への変更を打診されるも、一度は固辞したのだという。再度の説得で応じ、「1」を着けた前田は、ここから球団の「顔」と言っていい存在となっていく。

 初年の1994年は前2年に続いてベストナインゴールデングラブ賞を受賞(後者は4年連続)。1995年にはアキレス腱断裂の負傷を乗り越え、2000年には同じ個所の手術に踏み切った。その後、2002年には打率3割に復帰し、カムバック賞を受賞。寡黙な人柄で、まさに「背中で見せる」姿は多くの選手たちの指針となった。2013年限りで現役を引退した後、背番号「1」は準永久欠番とされたことからも、その存在の大きさが分かるというものだ。

 「前田が認めた選手に与えられる」とされた背番号「1」は、前田の引退後、5年間にわたって使用者がいない状態だった。

カープの絶対的な存在となった鈴木誠也

 その沈黙を破ったのが、鈴木誠也だ。鈴木はドラフト2位指名を受けて2013年に入団。プロキャリアは前田と同じく背番号「51」でスタートしている。

 2018年には30本塁打を記録し、日本シリーズでも1試合2本塁打を放つなどの活躍を見せたことで2019年から晴れて「1」を着けた鈴木は、その年に首位打者と最高出塁率の2タイトルを獲得。同年にはWBSCプレミア12の代表メンバーにも招集され、8試合で3本塁打、打率.444と、こちらでも活躍。昨季まで5年連続で打率3割超え25本塁打を果たしており、今季も前半戦で打率.306、15本塁打と好調だ。

 鈴木誠也の背番号「1」には、前田智徳を超える活躍が期待されている。今、着々とその道を歩んでいる鈴木の姿に、カープファンは熱い視線を注ぎ続けている。白石勝巳から始まった背番号「1」の歴史は、鈴木によってどう塗り替えられるのだろうか。

【背番号『1』を背負った主なカープ選手】
白石勝巳内野手/1950年-1953年)
古葉毅〈竹識〉(内野手/1959年-1969年)
大下剛史内野手/1975年-1978年)
山崎隆造(外野手/1983年-1993年)
前田智徳(外野手/1994年-2013年)
鈴木誠也(外野手/2019年-)
※初めて背番号を付けたシーズンのポジションを表記。
広島アスリートマガジン編集部

*****************************

五輪野球、ソコまで悲惨じゃないョ!ただ・・・

今まで、野球自体、ロス五輪で公開競技になってからだ。その時、台湾の郭泰源の160キロが注目された中で、台湾やアメリカらを後のヤクルト荒井や広沢らを擁して、この競技唯一の金メダルを獲った。以後は、野茂や松坂らも参加したり、アマチュアオンリーからプロ枠やプロOKにもなったが苦戦、投高打低の傾向が続く。

各国プロ野球より、国際大会ではストライクゾーンが高くなり、打撃に於いてプロ選手の方が苦労したりする。投手は、日本より質の悪いボールのコントロールに難が出るが、高めもストライクを取れて、活かした投手は活躍する。

五輪野球での印象が悪いのは、星野監督下での無様な印象のせいか?星野・田淵・山本浩の精神論首脳トリオは、出場各国選手の調査や周知を怠り、投手が右か左か上投げか横投げか下投げかすら知らない状態で試合をさせた。タイブレークの研究もせず、先発型投手ばかり選考、外野手はライト/レフトすら急造。エースたるダルビッシュ有は、妻紗栄子を同じホテルに入れて星野やチームに亀裂を生んだ。星野は自らの古巣中日と阪神の選手を荒使いし、他選手前で殴り罵倒し、ムードを壊した。

そんな前歴はあるが、期待も懸念もある。以前は、長嶋の脳梗塞で監督経験ない中畑が代理やったり、脳ナシ3首脳が五輪限定の指揮をしたが、第2回プレ12で優勝した稲葉が引き続き監督をする。コーチや選手人選的にも第2回プレ12を引き継いだ分、チーム内人間関係はマシか。懸念は、地元な分、坂本がバカ遊びに他選手を巻き込みゴシップにならないか、カレは第1回プレ12で台湾でも菅野らを巻き込んだ。六本木でやりかねない。坂本ではなかったが、菅野のお下がり野崎と山本由が撮られた。野崎が売名で日本チーム周辺に出没すれば、星野とダル&紗栄子に近い問題も起きかねない。

自国開催とは、思わぬ落とし穴も潜んでいる。

 

 

*******************************

野球で金メダルは一度のみ…豪華タレントを擁しながら、日本はなぜ五輪に弱いのか〈dot.〉
7/28(水) 8:00 Yahoo!ニュース
 145
  
侍ジャパン稲葉篤紀監督(c)朝日新聞社
 東京五輪で金メダルが期待される侍ジャパン。「戦力は今大会で№1」と前評判が高いが、油断はできない。充実した戦力で臨みながら、五輪では何度も苦杯を嘗めているからだ。

【写真】“驚くほど美しい妻”と米で話題になったマー君の奥様はこちら

 日本が金メダルを獲得したのは公開競技として行われた1984年ロサンゼルス五輪。当時は大会規定でアマチュア選手のみの出場だった。実は日本代表は代表決定戦で台湾に敗れたため、本来は五輪の出場権がなかった。ところが、80年のモスクワ五輪を西側諸国がボイコットした報復として、ソ連がロサンゼルス五輪をボイコット。同じ社会主義国で優勝候補の強豪・キューバも出場を見送ったために、日本が出場国に繰り上がった。本戦は予選リーグで韓国、ニカラグアに連勝したが、3戦目のカナダには敗れて2勝1敗で準決勝へ。元西武のエース・郭泰源擁する台湾に延長10回の末に2-1でサヨナラ勝ちを飾ると、決勝戦・米国戦は完全アウェーだったが、広澤克実が逆転適時打、3ランを放つ大活躍で6-3と快勝。大会初出場初優勝の快挙を成し遂げた。

 だが、その後は競技種目として開催された6度の五輪大会で金メダルを逃している。プロ選手が出場解禁された2000年のシドニー五輪では松坂大輔黒木知宏松中信彦らプロ8人が参加したが、準決勝でキューバに0-3で零封負けを喫すると、3位決定戦・韓国戦も1-3で敗れる。

 続く04年のアテネ五輪は「オールプロ」の豪華な陣容で長嶋茂雄監督が五輪出場権をかけた予選で指揮をふるったが、本大会前に脳梗塞で入院。ヘッドコーチの中畑清が監督になった。予選リーグを6勝1敗で勝ち抜いたが、準決勝で豪州に0-1と敗戦。3位決定戦でカナダに11-2で圧勝して銅メダルを獲得したが、選手たちは落胆の色を隠せなかった。

 当時のシドニーアテネ五輪で野球を取材していたスポーツ紙記者はこう振り返る。

シドニー五輪は完全に力負けでした。予選リーグを突破しましたが、4勝3敗でキューバ、米国、韓国に敗れている。プロの選手たちの能力は高いですが、急造チームで勝てるほど甘くはない。金メダルの米国、銀メダルのキューバは何カ月もかけてチームを仕上げている。準備の大切さを感じましたね。アテネ五輪は豪州に予選リーグで負けていましたが、再戦したら勝てるという自信があったのでショックでした。福留孝介高橋由伸中村紀洋谷佳知小笠原道大和田一浩と下位打線まで強打者を並べた打線でしたが、1点をどう取るかの観点でいくと機動力がなかった」

 星野仙一監督が指揮した08年の北京五輪は、準決勝・韓国戦で同点の8回に救援登板した岩瀬仁紀が李承燁に決勝弾を浴び、2-6で敗れる。3位決定戦の米国戦も4-8で敗れて銅メダルを獲得できなかった。

 国際試合に勝つのはいかに難しいことか。スポーツ紙デスクは北京五輪の苦い危険を踏まえ、東京五輪のメンバー選考に対して懸念を口にする。

北京五輪で右翼が本職のGG佐藤を左翼でスタメン出場させ、決勝トーナメントで失策を犯しました。普段のペナントレースなら考えられないミスですが、緊張が極限に達して不慣れな守備位置だと起こり得ることなんです。今回の東京五輪で心配なのはメンバーがポジションによって偏っていることです。柳田悠岐が右脇腹の違和感で万全でないため、右翼の鈴木誠也を中堅に回ることが報じられていましたが、大丈夫でしょうか。同じ外野でも右翼と中堅では打球の切れ方や見える光景が違う。右翼や左翼との連携も必要です。三塁も村上宗隆が故障したらどうするのか。栗原陵矢がバックアップに控えていますが本格的に三塁を守ったのは今年からです。守備のミスが致命傷にならなければいいのですが…」

 投打共に戦力は充実している。本拠地開催の東京五輪で金メダルを獲得し、37年ぶりの歓喜を味わうことはできるか。(牧忠則)

*******************************

帰り道は遠回りしたくなる西野七瀬

一体、どの口が言ってるのか?まあ、まだボロい芸能人やっていたいから、ホントのコトを言うワケはない。

目立ちたくない?目立ちたくなくて、大阪から東京にオーディションになんか、行くか?AKBほどでなくても、意に添わない服装やポーズや受け答えやアクションを強いられる。ホントにイヤなら、何年も続けられない。生駒ですら、数曲センターやって以後は中段に下がり、卒業曲センターすら辞退した。逆に、松村なんかは周囲を出し抜こうと、出版社社員に枕営業し写真週刊誌に撮られた。橋本は、弟が奨学金取れて働く必要がなくなったとあり得ないウソまでついてSME役員に身請けされた。

西野はスタッフとデキて、仕事帰りに立ち寄るのを写真週刊誌に撮られ、スル~したまま卒業発表した。

単に、ダマされカネを出し続けるファンやスポンサーがいるかどうかの話だ。

もっとも、起用する側はワンチャン期待して、オファーするのだろう。

*****************************

西野七瀬が“乃木坂46時代に好きだったこと”
7/28(水) 11:23 Yahoo! JAPAN 
 
女優の西野七瀬(27歳)が、7月27日に放送されたトーク番組「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演。“アイドル時代に好きだったこと”について語った。

この日、ゲストの元アンジュルム和田彩花(26歳)が、「西野さんは、どんなことが好きだったんですか? アイドル時代」と質問。

西野は「ライブが1番好きでした。ステージに立ってないときはあんまり目立ちたくなくて。『誰も私のこと見ないでください』みたいな(感じ)だったんですけど、ステージの上だとすごい逆で、広いあの空間が好きで、すごく開放的になれる場所だったんで」と笑顔で振り返った。

これに和田は「目立ちたくないって思ってるのは見てても全然伝わります(笑)」とコメント。そして「ステージ上ではそう思ってたっていうのは、ちょっと意外で面白いですね」と語った。
Narinari.com編集部

*****************************

流れを食い止めたダブルプレー

三塁ライナーを三塁手が左手首で弾き、遊撃手がそのままダイレクトキャッチ、間髪入れず二塁手に転送、二塁走者は戻れずダブルプレー

何故、三塁手がグラブではなく、左手首リストバンド辺りに受けたのか?ソコまで痛烈でもないライナーだった。なのに、グラブに当てるどころか、反応デキた感じに見えなかった。そんな状況で足や頭(顔)に当たってたらと危ぶまれる打球だった。僅かに打球速度が落ち、僅かに遊撃手側に向きが変わった。三塁手に痛がる素振りも見えなかった。

遊撃手は、ほぼ抜けそうな当たりを止めるべく三塁方向にダッシュ三塁手が触れてなければ遊撃手のバックアップも追い付かず、会心のレフト前ヒットだったろう。しかし、三塁手の左手首に当たった打球は、ビミョ~に減速しつつ三遊間に動いた遊撃手傍に弾かれた。遊撃手はキャッチするなり、二塁手に転送する中、二塁走者が全く戻れずにダブルプレーが成立した。

それまで、リードしていても、あまり芳しくない流れだった。

審判は、前日からの傾向か、暗にアメリカ寄りだった。ストライク/ボール判定で、上野らの際どいタマを再三ボール判定していた。だから、甘くなっても球威で抑えるべく、上野に力みが見られ、初回から新垣渚みたいな暴投連発していた。第1回WBCより陰湿な状況だった。こんな中では、クレメンスからの得点パターンに似ていた。

審判連中の仕上げはホームでのアウト/セーフのハズだったが、日本は6回裏を見事に凌いだ。

***************************

ソフト渥美万奈のスーパープレーには米メディアも驚愕「信じられないダブルプレー
7/28(水) 10:45 Yahoo!ニュース
 64
  
先発したオスターマンはショック隠せず「あれが抜けていれば」
 
ソフトボール日本代表・渥美万奈【写真:AP】
 26日に行われた東京五輪決勝でアメリカを撃破し、悲願の金メダルを獲得したソフトボール日本代表。上野由岐子が6回途中降板するも7回に再登板して最後を締め、宿敵を2-0で破って、13年越しの連覇を達成した。

【動画】日本代表を金メダルに導いた名手 渥美万奈がトヨタ自動車で見せた華麗なプレー映像

 この試合で、勝利を手繰り寄せるビッグプレーとなったのが、6回に飛び出した渥美万奈の美技。6回1死一、二塁のピンチで三塁への痛烈なライナーを山本優が弾くと、この打球をノーバウンドでカバーに走っていた渥美がキャッチ。飛び出していた二塁走者をすぐさま刺して、併殺を完成させた。

 このスーパープレーを破れた米メディアも勝負のターニングポイントだったと指摘。「AP通信」は「日本が米国を2-0で破る。信じられないダブルプレーを決めソフトボールの金メダルを獲得した」と伝え、先発マウンドに上がったオスターマンの「ショックでした。あれが抜けていれば、同点に追いつけたかもしれない。それによってついた弾みでさらに加点できたかもしれない」と振り返っていた。
Full-Count編集部

***************************